FC2ブログ

コンフォートクリニック

婦人靴メーカー「コンフォートクリニック」の情報をお届けします。

靴底が割れたり、ボロボロと崩れた事はありませんか?(新宿店)

寒くなってきたので大切にしまっておいた
冬用の靴やブーツを履いたら靴底が割れたり、
クッキーのようにボロボロと崩れてしまった事はありますか?


s_kasui_b.gif
これは「加水分解」と言われる経年劣化です。
靴底に使われるポリウレタンは磨耗しにくくて、油や薬品に強く、加工しやすいなど靴底に適した素材なので、
コンフォートクリニックの靴やブーツには多く使用しております。


しかし、ポリウレタンは3〜5年で加水分解が起こる可能性があります。
加水分解とは、空気中の水分によって化学分解される現象で、ポリウレタンで作られた靴底の場合は雨水や空気中の水分が靴底の中に入り込むので内部から強度が落ちていきます。

他にも様々な要因はありますが、加水分解が起こりにくいように定期的に履いて靴底に入っている空気を循環させて下さいね。

それと下駄箱や靴箱など風通しの悪い場所での長期保管は控えて下さいね。

コンフォートクリニックではポリウレタン底の修理交換を含めた
アフターケアを行っています。

(※廃番・生産中止等の事情により修理交換できない場合があります。)
履き心地などに違和感があった時は、最寄りの店舗に
お問い合わせ下さいませ。


※靴底の経年劣化については、こちらも合わせて御覧ください

エナメル靴のお手入れ!

皆様からご相談の多いエナメル靴のお手入れ方法をご紹介いたします♪

そもそもエナメルは素材の名前ではなく、ウレタン樹脂などがベースになったエナメル塗料を使って表面をコーティングしたのがエナメルの靴です。

〈靴のお手入れ〉
①汚れは水を含ませて硬く絞った布で拭き取ります。
②乾いた布で乾拭きをして、余分な水分を拭き取る。
(注意)エナメル素材に水分が残ったままだと、水垢のようなシミが付きますのでしっかり拭き取ってください。
③エナメルリキッドを使い、水拭きで取れない汚れを取りながら、栄養を与え艶出しをします。
(注意)エナメル革は色移りしやすいので、しまう時には別々の布袋に入れて、他の色物と接触しないように分けて保管しましょう。


それとエナメル靴に防水スプレーをかけると、表面に膜が張ってせっかくの光沢が台無しになってしまいます。気をつけて下さいね☂️

コンフォートクリニックでも
「エナメル革用クリーム」
(税込1,320円)
を取り扱っております。
ぜひ、ご利用下さいませ。(新宿店)\(^o^)/



ENAMEL-cream.gif

コンフォートクリニック ゲストのページ

日本一の京都工場

京都の伏見区にある自社工場。


実は日本で一番の靴工場なのです!


何が一番かと言うと・・  従業員の平均年齢です!


その年齢35才!


靴工場で日本一の若さです!・・ 多分(^_^;)



靴に限らず、職人の数が減り、高年齢化が進む現在の日本。


その中で私達の工場では
若い職人が毎日ベテラン職人と一緒に靴作りを頑張っております!



若い力が溢れるコンフォートクリニック。

これからも皆様に「歩く喜び」をお届け致します!

脚長差対応について

当社も10数年前迄は、脚長差について様々な対応をしてまいりましたが、職人さんの減少によりお受けする事が出来なくなっていました。


先日、たまたま売場に居ました所、ご購入頂きましたお客さまが調整に来られてまして、お伺いした所、右左差が5cm程違うという事でした。


私共も約9年前より京都にて自社工場を運営していまして、何とか我社の技術で対応出来ないかと思い、取引先である靴の資材メーカー「神戸プラム」竹林代表に相談した所、心よく引き受けて頂き、軽い素材で製作する事が出来ました。



出来上がったソール斜めから
kyakutyousa_1.jpg


出来上がったソール横から
kyakutyousa_2.jpg


圧着前
kyakutyousa_3.jpg




出来上がったソールを自社工場にて強力圧着しました。



早速お客様に履いて頂き、様子を見て頂いております。



kyakutyousa_4.jpg


様々な取引先に、これからも協力して頂きながら色々な足の状態にも対応していける様に努力させて頂きます。



是非、全国23店舗展開しております、当社売場迄、お気軽に皆様御来店下さいませ。